最新情報

美保関トップ > 最新情報

えびすガール2019.08号 ~真奈美さん亜友さん親子編~

2019年8月27日

 

今回のえびすガールは、お盆前の暑い日でしたが、松江から真奈美さんと亜友さんに親子でご登場いただきました!
青石畳通りの「風鈴の彩り」の音色が暑さを少し和らげてくれるかの様な午後ですね。

 

 

美保関の老舗旅館で浴衣に着替えた真奈美さん、亜友さん親子と真夏の美保関の町を歩いてみましたよ!
真奈美さん「三人姉妹の母である真奈美です。

 

今回は大阪から帰省した二女とプチ旅気分で出掛けました。」

 

亜友さん「現在大阪で創作活動をしている亜友です。

 

今回は母と2人で初めて美保関を訪れました。」

 

 

 

久しぶりの再会で楽しそうなお二人です。

 

 

先ずは手水舎でお清めを。

 

亜友さん、慣れてらっしゃいますね。

 

 

亜友さん「私は自然が大好きで帰省中には、ついつい自然豊かな所へ行きたくなってしまうんです。」

 

 

 

美保神社の神門のしめ縄は大きいですねぇ。

 

 

先ずはお二人に美保神社のご拝殿の周りの自然に親しんでいただきましょう。

 

ごゆっくりどうぞ!

 

 

山から蝉の大合唱が聞こえてきますね。

 

夏ですねぇ!

 

 

美保神社のご祭神は、三穂津姫命と事代主命(えびす様)です。

 

 

御本殿の裏手に亀の像を見つけました。

 

亜友さんお気に入りの浴衣なんだそうですよ。

 

 

美保関ではビジュアルだけでなく、その場の空気感や音を楽しんでいただければと思いますよ。

 

耳を澄ますと、様々な音が聞こえてきますでしょ?

 

 

 

真奈美さん「念願だった美保神社で家族の健康と幸せを祈願し、去年から始めた御朱印帳にまた一つ思い出が加わりました。」

 

 

えびす様の総本宮・美保神社

 

 

美保神社を後にして、海がお好きと仰るお二人と港に出てみました。

 

浮島橋から見ても透き通った海が身も心も癒してくれます。

 

 

浮島橋を渡ると弁天島には筑紫社・和田津見社の合殿があります。

 

 

 

弁天島から見た美保関の港。

 

潮の香りがします。

 

もう一度、お二人と青石畳通りに行ってみましょうか!

 

 

途中、糺社(ただすしゃ)にお詣りする真奈美さんと亜友さん。

 

 

 

元気な美保関のちびっ子たちと出会いました。

浴衣が可愛いですねぇ!

 

亜友さん「美保関はとても風が心地よく、波の音や風鈴の音、草木の音、虫の声…

 

普段は雑音にしか聞こえない音もここではとても心地よく聞こえてきます。

 

また、時間の流れがゆっくりと感じられ、どこか懐かしく思える町ですね。」

真奈美さん「美保関は海が澄んでいて綺麗で感激しました。

 

それと音が印象的な町ですね。

 

波の音、青石畳通りの風鈴の音、美保神社では風になびいた絵馬の音…

 

空き地には子供のたちが遊んだおもちゃが残されており、懐かしい気分にもなりました。」

真奈美さんと亜友さんのツーショットをパチリ!

もう一度、海を見に行かれるのでしょうか?

 

お二人の後ろ姿のシルエット。

 

亜友さん「今日は大好きな浴衣を着て町を沢山歩けた事もとてもいい思い出になりました。」
真奈美さん「今度は三人の娘と訪れてみたいです。」
今度は秋の美保関にお立ち寄りくださいませ。

 

 

このページの先頭へ

松江観光協会 美保関町支部
電話:0852-73-9001 受付時間:9:00~17:00

メールで問い合わせる

このページの先頭へ