最新情報

美保関トップ > 最新情報

えびすガール2月 ~齊原広夢さん編~

2018年2月20日

2月のえびすガールは神戸出身の齊原広夢さん!

 

 

 

今回は雨の美保関を楽しんでいただきました。

美保関ご縁傘が活躍しましたよ。

 

 

 

 

今回は、齊原広夢さんから素敵なメッセージをいただきましたので、

そのまま紹介させていただきます☆

 

 

 

大阪芸術大学、舞台芸術学科、演技演出コース卒業生の齊原広夢です。

 

― 美保関に初めて訪れた感想 ―

美保神社をテレビで特集をされている番組を拝見させていただいた時から

一度訪れてみたいと感じていました。

実際に美保関に訪れ、美保神社に参らせていただいた際に、

自分の中を何かで満たされていく感覚がありました。

 

そして、美保灯台に訪れたときに関西にはない風や海の香りが広がり、

新鮮で清々しい気持ちともう帰らなければならないという寂しさが同時に込み上げてきました。

この時には私は美保関のファンになっていました。

『また次に来るときはどこに行こうかな?』なんて考えているくらいです(笑)

海に向かって『また来るからねー!』って気持ちでお別れしたのを今でも鮮明に残っています。

 

 

 

 

 

 

雨が降ると地面が濡れて晴れた日とは一味違う趣きがありますね。

 

 

美保神社の御神酒「美保」

 

 

 

耳を澄ますと雨の音だけでなく山から鳥の囀りが聞こえてきます。

 

 

あっ、ここには金魚がいるらしいですよ。

 

 

金魚がいましたね。

 

 

 

 

 

雨が降ってもご縁傘があれば平気です。

 

 

雨の日に濡れた拝殿も美しいものですね。

 

 

雨があがりました。

 

 

 

 

― 美保神社でお祈りした事 ―

沢山欲張ってお祈りしちゃいましたが、

今ある事以外でも沢山の出会いがありますようにとお祈りしました。

 

 

 

 

 

喫茶クリフネで白玉ぜんざいを召し上がる広夢さん

 

 

喫茶クリフネでのんびりと一休み

 

 

 

雨の青石畳通り

 

 

 

雨に濡れた青石畳通りは綺麗です。

 

 

 

ちょっと軒下で雨宿り

 

 

 

素敵なお写真で見いってしまいますね😊

あのときの雰囲気、空気、そしてあのときの幸せな感情がよみがえってきます😊

ご縁傘…とても素敵な傘でした😊

私のなかでも一番の衝撃でした😊

関西にはない、美保関だから出来ることなんだと思います。

 

 

 

ここで、現在開催中のイベントを告知していだいさいと、ムチャぶりしちゃいましたw

 

 

美保関では正月飾りとして厄除けや五穀豊穣、大漁満足を願い、

クロモジの木に白い餅を付け、神棚や床の間、玄関の軒先に飾っていたのですが、

今ではこのような風習もほとんど見られなくなりました。

そんな風習を後世に残していこうと旧暦のお正月にこの「もち花飾り」を再現!

期間中は「もち花祭り」と称して「もち花飾り」を掲げるだけでなく、

香り高きクロモジの木の演出を楽しんでいただるよう工夫を凝らして祭りを盛り上げます。

 

 

もち花祭りの期間は

2018年2月17日(土) ~ 25日(日)です!

是非お越しください!

 

 

 

 

最後に美保関灯台に来ました。

 

 

 

雲の切れ間から射した太陽の光がとても美しい。

 

 

沖の御前に手を合わせる齊原広夢さん。

 

広夢さん、是非またいつか美保関に足を運んでくださいね。
撮影:プロフォトグラファー・赤山シュウ

このページの先頭へ

松江観光協会 美保関町支部
電話:0852-73-9001 受付時間:9:00~17:00(土日祝日定休)

メールで問い合わせる

このページの先頭へ