美保関の魅力をつたえ隊

美保関トップ > 美保関の魅力をつたえ隊

えびすガール(9月) ~MAKOさん~

今月のえびすガールは境港で農業の仕事を頑張るMAKOさん20歳です♪

今日は美保神社へのお詣りと、夜の青石畳ライトアップを楽しみに美保関へ来ていただきました☆

 

 

美保神社前で待ち合わせ

 

 

先ずは手水舎で清めます。

 

 

久しぶりに美保神社にお詣りしたという、笑顔のMAKOさん。

 

 

 

 

MAKOさんは何をお祈りされてるのでしょうか?

 

 

MAKOさん「美保神社はとても気持ちが落ち着く場所ですね」

 

 

 

つたえ隊「MAKOさんは農業に従事されてるとの事ですが、どのようなお仕事をされてるのですか?」

 

MAKOさん「現在家族が経営する農業の後継者として働いているのですが、これからの農業はもっと若い私達の世代もどんどん前にでて、いきいきと地元を盛り上げられるような仕事をしなければならないと思っています☆」

 

つたえ隊「今はどんな作物を扱っているんですか?」

 

MAKOさん「ねぎなどですね。」

 

つたえ隊「なるほど!境港や米子はねぎの栽培が盛んですもんね!

ところで、美保神社ではどんな事をお祈りされたのですか?」

 

MAKOさん「私はまだ20歳ですが、父と母、祖父母の教えに感謝し、

農家としての伝統を守って日々精進してきいたいということをお祈りしました。」

 

つたえ隊「おぉ、MAKOさんは真面目な方なんですね!

きっと立派な後継者になられると思いますよ(しみじみ)。」

 

MAKOさん「ありがとうございます!」

 

つたえ隊「さぁ、青石畳ライトアップまで時間がありますので美保関の町を散歩しましょう!」

 

 

 

 

 

MAKOさん「海が透き通ってて綺麗ですね。

耳を澄ますと蝉の声や鳥の囀り、自然の音が聞こえてきます♪」

 

 

喫茶クリフネさんの郵便受けの黒猫を見つけて嬉しそうなMAKOさん。
MAKOさんは動物が好きなんですかね?

 

 

 

 

美保関の港で目立つ赤い橋の浮島橋に行ってみました。

 

 

つたえ隊「さて、辺りもだんだん暗くなってきましたよ。

そろそろ青石畳通りがライトアップされます☆

青石畳通りライトアップは、

期間は平成29年9月15日〜11月25日の金・土・祝前日の日没〜21時頃まで行われるんです。

残念ながら、雨天の場合には中止となります。

また、青石畳通りライトアップとコラボされた楽しいイベントもたくさん開催されますよ☆

今宵は夜の茶会がありますので、MAKOさんと一緒に青石畳通りライトアップを楽しみましょう!」

 

 

 

 

 

MAKOさん「灯籠の光が懐かしい感じです。」

 

 

 

MAKOさん「なんだか時代の違う異空間に彷徨いこんだみたいです。」

 

 

つたえ隊「今晩は夜の茶会でお抹茶と和菓子が振舞われます。行ってみましょう!

期間中は、ライトアップと同時にまだまだ沢山のコラボイベントが開催されるので、

是非また来てみてくださいね☆」

 

 

つたえ隊「MAKOさん、美保関の町はいかがでしたか?」

 

MAKOさん「神社が近いせいか、とても神秘的と感じました。

境港と同じ港町なのに海を挟んだ向こう側は全く違う顔をしていて、

なんだか美保の神様に守られているような気がしました。

美保関の方もとても温かいお方ばかりで、ほっと安心する町だと思います。」

 

 

つたえ隊「ありがとうございます。青石畳通りライトアップについては何か感じられましたか?」

 

MAKOさん「ライトアップは初めて見させていただきましたが、

灯籠の柔らかい光が歴史ある町並をぐっと引き立てていてすごく綺麗でした。

通りを歩いて振り返ると青石の並びが地面からふんわり浮き上がっているようにみえて、

『ああ、ここは昔から多くの人に愛され歩かれている道なんだ』と思い、

美保関の歴史を実感しました。」

 

つたえ隊「MAKOさん、素敵なコメントありがとうございます。

ぜひまた美保関にお越しくださいね!」

 

MAKOさん「はい!また来たいと思います。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ

松江観光協会 美保関町支部
電話:0852-73-9001 受付時間:9:00~17:00(土日祝日定休)

メールで問い合わせる

このページの先頭へ