美保関の魅力をつたえ隊

美保関トップ > 美保関の魅力をつたえ隊

美保関沖の人工魚礁調査2013。船釣りにいってきました。

今回は、10月8日に行われました人工漁礁調査の同行レポートです。

人工魚礁調査とは数年前に海底に設置した魚礁に魚が根付いているかを確認するために、定期的に行政と漁協が協力して魚種と量を把握する真面目な釣り調査です。

真面目な船釣り

そう、真面目な目的の船釣りです。ただ釣り好きのつたえ隊は、真面目な目つき、でもなぜか口許がゆるむ不思議な表情で集合場所へと向います。

1

集合は、6:30

集合は、6:30美保関漁協前。ぞくぞくと漁師さん、役所の方々が集まってきます。やっぱり真面目な釣りだ、みなさんの表情がお仕事モード。

準備完了後、5艘の遊漁船に分乗し、美保関から約1時間ほど東に位置する魚礁に向います。

2

魚礁ポイントに到着

心配していたマーライオンになることもなく無事に魚礁ポイントに到着。さっそく船頭さんの鳴らす汽笛で一斉に仕掛けを下します。ん!?そこで漁師ホープのTくんを見ると、なんと水深60mだというのに、近所で釣るような岸釣り竿を持って満面の笑み。真面目な釣りです。

3

と、Tくんが忙しくキュルキュルしている間に、みなさん続々と釣り上げます。

4

しかし、さすが漁師ホープのTくんです。岸釣り竿でキハタをゲットです!ものすごく嬉しそうです。が、真面目な釣りです。

5

船上のヒーロー現る

釣りをして2時間を過ぎたころでしょうか。ついに現れました船上のヒーロー!
その様子はムービーでどうぞ。

あっという間の3時間が過ぎ、帰港です。

6

水揚げ場に着くと5艘分の釣果が集合、わずかな時間でこんなに釣れるとは!

11

キハタ

7

レンコ鯛

8

キンメ

9

サバとアジ

10

昨年比で漁獲量が増えているとのこと。着実に魚が根付いているようです。豊かな漁場は地道な行政と漁協の努力があってこそできるのですね。たいへん勉強になりました。

12

と、水揚げ場の隅を見ると、獲れたてのキハタをおじさんがさばいているじゃないですか。プリプリの白身、なんて美味しそうでしょう。

13

T、Tくん…。味を調査中です。真面目な釣りです。

14

今回乗船した船はすべて美保関の遊漁船です。今なら同じ釣果が期待できますよ。船釣り未経験の方でも気軽に聞いてみてください。道具やエサのこと等、みなさん丁寧に教えてくれます。

美保関沖での船釣りをお電話にて承ります。お気軽にご相談ください。JFしまね美保関支所 0852-73-0016

丸小丸(美保関)

春静丸(美保関)

第七 利丸(美保関)

新洋丸(軽尾)

雄栄丸(軽尾)

晃栄丸(軽尾) 0852-73-0425

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ

松江観光協会 美保関町支部
電話:0852-73-9001 受付時間:9:00~17:00(土日祝日定休)

メールで問い合わせる

このページの先頭へ